どっちが得するブランド服買い取りと古着屋さん!?

服を売るときにどちらを選ぶか

服をたくさん持っている人ほど、すべての服を着ることがありません。買った服を着るかもしれませんが、まったく着ない服もあるのです。まったく着ない服があるのに、さらに新しい服を買い続けるのは、所有することが目的になってしまうからです。 この傾向は、大して高くない服を買う場合も、逆に高価なブランド品を買う場合にも同じような心理が働いているのです。 あまりにも部屋に服が増えて来ると、なんらかの形で処分をしなければなりません。もし、売却するならばブランド品買取と古着屋さんのどちらを選ぶかが大事になってきます。 基本的には、ブランド品を売る場合、高価なブランド品はブランド品を買い取る業者に売るべきです。逆にそれほど高くないブランド品は、古着屋さんで売るべきでしょう。

お店の立場から考える

高いブランド品を古着屋さんに売ると、それほど高く買い取りをしてくれませんが、ブランド品買取業者に売るとそれなりの値段で買い取りをしてくれます。なぜならば、古着屋さんはブランド品を中心に扱っていないからです。逆にブランド品を中心に扱っている買い取り業者は、ブランド品に力を入れていますので、高価買い取りが期待できるのです。 お店の立場から考えてみると、古着屋さんは客層のターゲットを日常的に着ることができるものを買いに来る人にしているお店が多くなります。逆にブランド買い取り業者は、高価なブランドを購入したいと考えている人を客層にしています。高価なブランド品を欲しがる人は当然後者になりますので、買い取り価格も高めになるのです。