震災以降、節電節約ブームでエコ家電が多く販売されています。冷蔵庫をはじめ家電全てをエコ家電で揃えられるのです。

省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方
Contents

冷蔵庫をはじめとするエコ家電について

デフレ経済で節約志向が強化されました。それに追い討ちをかけるように東日本大震災が起こったために、電気を極力使うのを控えようという風潮が浸透していきました。そのため家電メーカーはより節電に配慮し、極力CO2を排出しない環境に配慮したエコ家電を多く開発し、販売するケースが顕著になってきているのです。冷蔵庫をはじめ、テレビやエアコン、トースターに電子レンジ、洗濯機に至るまですべてエコ家電に揃えることが可能になっているのです。実際冷蔵庫などは消費電力が家庭の中で最も多いとして有名でした。しかしエコ家電に改良されてその消費電力は半分近くまで抑えられ、家計を助けるものともなっているのです。

またエコ家電の多くはスマートフォンをその家電にかざすと、瞬時に現時点までの消費電力が表示されるシステムになっているのです。このように消費電力をこまめにチェックできることは、節電意識に拍車をかけ、さらに家計の支出も抑えられ大変便利なものとなっているのです。しかし節約や節電を突き詰めていくと、冷蔵庫やトースター、エアコンなどがそもそも家庭に本当に必要なものなのかという疑問にぶちあたります。実は冷蔵庫もトースターも、エアコンがなくても、自分がやる気さえだせば必要なく生活できるものなのです。冷蔵庫の電源は夏場の猛暑時だけつけて、あとのシーズンは冷蔵庫なしでも生活できるのです。その日の食材はその日に買ってきて、食べきってしまえば冷蔵庫を一切必要としません。東日本大震災以来、そうした原始的な生活スタイルにする人が少数ながら存在しているのです。

おすすめ情報



Copyright(c) 2019 省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方 All Rights Reserved.