エコ家電を考えた時に、毎日利用する物として冷蔵庫が浮かびます。種類が豊富なので家族の人数や用途で選びましょう。

省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方
Contents

エコ家電の中の冷蔵庫

エコ家電の中で、日々利用する物として冷蔵庫があります。世帯人数や、冷蔵と冷凍のどちらを多く使うかなどによって、サイズやデザインが変わります。家族が多い場合は、サイズの大きな物を買いましょう。そして冷凍をよく利用する人奈良、冷凍スペースが大きな物を選びましょう。以前は、食品は「冷凍すると味が落ちる」と言われてましたが、現在は「瞬間冷凍」の技術によって、味を損なわずに冷凍する事が可能になって来ています。そして、サイズを選ぶ上で大切なのは、冷蔵庫は放熱するとゆう事です。なので、壁に密着して設置してしまうと熱を出しやすくなり、電気代も高くなってしまいます。壁から少し隙間を置いて、設置しなければいけません。

そして冷蔵庫は開き戸が「右向き」「左向き」「両開き」があります。総合的に考えたスペースに問題なければ両開きも便利です。また電気代の事を考えると「省エネ」ですが、現在、冷蔵庫は「統一省エネラベル」とゆうラベルが貼ってあり、比較がしやすくなっています。ラベルの星印の数で表示されています。また冷蔵庫の種類によって色々な機能もあります。脱臭効果のある物や、ビタミンを使って酸化を防ぐ物、そしてビタミンを増やす物などあります。そして以前は、冷蔵庫は「フロン」を出していましたが、「フロン」は大気汚染となる為、現在は「ノンフロン」の冷蔵庫が増えています。冷蔵庫は、色々な用途によってジックリ選択しましょう。


Copyright(c) 2019 省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方 All Rights Reserved.