エコ家電では、より野菜を新鮮に長く保存できる冷蔵庫に注目します。エチレンガスを抑える仕組みです。

省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方
Contents

エコ家電で冷蔵庫では野菜室のエチレンガスを抑える

バナナは、スーパーまけっとで売られているときは黄色です。非常においしそうです。適度に斑点があると、甘みもあって食べごろです。きれいな黄色の状態では、もうしばらく日持ちさせることが出来ます。では収穫されたときからその状態かですが、実はまだ熟していない状態で収穫するそうです。ですから色も緑がかっている状態です。その後輸送などを経て、さらに人工的に熟すように進められて、黄色くなり、甘みがますようになるそうです。

その熟す過程において、エチレンガスを放出します。それによって熟すことになるのですが、熟すのを超えると傷んだ状態になります。あまり熟しすぎるのはよくありません。さらに、エチレンガスは他の野菜類にも影響を及ぼすそうです。それぞれの野菜がエチレンガスを出し、周りにも影響を与えることになるので、野菜の保存は大変です。冷蔵庫に保存をするときにおいても、いかにエチレンガスに対する対応をするかが鍵になってきます。

エコ家電では、より野菜を長く保存することが出来るように考えられています。冷蔵によってエチレンガスは幾分抑えられるのですが、それでもでて来るものです。あるメーカーでは、自然にある成分を利用して、エチレンガスを抑えるようにしたそうです。それを野菜室に組み込んでいます。冷蔵に加えて、そちらの仕組みの働きによっても、エチレンガスが抑えられるようになっています。その分野菜も傷みにくくなるので、長く利用することが出来ます。


Copyright(c) 2019 省エネ効果を比較 上手なエコ家電の選び方 All Rights Reserved.